真・ホドリゴ日記

新作「はした女」発売中!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
mixiチェック
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ショッキングタモリ

もう覚えている人も少ないかもしれないが、
私は「テレフォンショッキング」に出演したことがある。

その日、私はいつものように昼まで惰眠を貪っており、
欠伸をしながらベッドを降りてなんとなくテレビをつけた。

笑っていいともで、志村けんがゴルフの話をしていた。
二日酔いで話の内容などろくに頭に入ってこないが、
私は見るともなしにタモリの髪の生え際を見ていた。

2本目のタバコを吸い終え、やずやとミネラルむぎ茶のCMが終わった頃、私の携帯電話が鳴った。
知らない番号である。
普段、知らない番号からの電話は基本的には出ないのだが、なんとなく出てみた。

「もしもし、研ナオコさん?」
画面の中の志村けんからである。
どうやら、間違い電話をかけてきたようだ。

「いえ、違います」
私はただのつまらない一般人であることをモニタの向こうの志村けんに説明した。

「いいや、もう電話かけちゃったしこの人呼んじゃおうよ」
タモリの発案により、私は翌日のテレフォンショッキングに出演することになった。

そこは、あまりに場違いな空間だった。
ゲストに花が1本も届かないのは、このコーナーが始まって初めてのことだったそうである。
タモリと私との会話もさして盛り上がらず、CMが明けた。

「それじゃお友達紹介お願いします」
テレフォンショッキングで見られるいつものやりとりであるが、その日は事情が違った。
友達の紹介を頼まれたゲストが急に泣き出すことなんてそれまでになかっただろう。
私の嗚咽は止まらなかった。

「私には、1人も友達がいないんです!」
そこからの私は饒舌だった。
幼稚園の頃から2人1組になる場面ではいつも先生とペアを組んでいたこと。
小学生の頃に授業で発表した将来の夢が『友達をつくる』だったこと。
学生時代に陰口でつけられたあだ名の数が50を超えていたこと。
近所のコンビニの店員にもどうやらあだ名を付けられているようであること。

全てを語り終え、顔をあげた。
すると、タモリがサングラスをはずして涙を拭っていた。
「わかったよ、俺が友達になってやるよ!」
私に生まれて初めて友達ができた。

「友達同士に隠し事なんかいらない!」
タモリはカツラをはずして客席に投げた。

「みんなも一緒だ、せーの、友達の輪!」

アルタが1つになっていた。
みんなで輪を作っていた。

友達の輪がタモリに帰ってきてしまった為、「テレフォンショッキング」はその日で終了となった。 mixiチェック
  1. 2011/02/03(木) 17:54:33|
  2. ハジメの日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<お母さんはダッチワイフ | ホーム | お父さんは女子高生>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rodeorodrigo.blog24.fc2.com/tb.php/260-94b818e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

rodeo rodrigo

Author:rodeo rodrigo

ライブ予定

10月14日(土)扇町para-dice
18:30/19:00 ¥1700
テッペリン presents『 beyond 』
live: 喃語(札幌) / 漁礁 / ginen / ロデオホドリゴ
food: 平田屋( ハンバーグオムレツ・Jabberwocky )

twitter

リンク

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

フリーエリア

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。