真・ホドリゴ日記

新作「はした女」発売中!!

セーラー服おっさん戦士

セーラー服おっさん戦士は、お仕置きされる側の人間である。

セーラー服美少女戦士という、お仕置きすることで秩序を守るヒーローがいる一方で、
徹底的にお仕置きされることで秩序を守るヒーローがいる。
それが、セーラー服おっさん戦士、私ことセーラーメタボリックである。
仲間には、セーラー高血圧やセーラー高脂血症がいる。

セーラー服おっさん戦士は、セーラー服を着ていること以外は普通のおっさんと基本的に変りない。
街に妖魔が出現した時に、普通のおっさんがセーラー服おっさん戦士に変身し、異常なおっさんになる。

「キャー!」

妖魔が現れたら、私の出番だ。
妖魔は、ボンテージを着た大柄な女性のような格好をしていることが多い。

「セーラーメタボリーック、メークアーップ!!」

かけ声と共に、私はセーラーメタボリックに変身する。
「キャー!」
そして、私を見て別な悲鳴が聞こえる。いつものことだ。

「畜生のように、お仕置きしてください!」
華麗に土下座し、妖魔にお仕置きを乞う。
格好のお仕置き相手を見つけた妖魔は、一直線に私の元に来て存分にお仕置きする。
「もっと、もっと罵ってください!」
多少のお仕置きでは私はヘコタレない。

「もっと!もっと!!」
ひとしきりお仕置きが終わったところで、妖魔は満足して帰って行く。
こうして、世界の秩序が保たれているのである。

私がセーラーメタボリックとして活動を始めたことで、妻が出ていった。
仕事も3回クビになった。今やっている交通整備の仕事だっていつクビになるかわからない。
仕事中に突然セーラー服を着てお仕置きされるのだ。当然のことだろう。
それでも私は構わない。私には、世界を救っているというプライドがある。

そんな私に、転機が訪れた。

「キャー!」

いつものように妖魔が現れた。
「セーラーメタボリーック、メークアーップ!!」
もう、慣れたものである。

今日の妖魔は、マスクをした女王様タイプである。
「畜生のように、お仕置きしてください!」
妖魔が、私に目一杯のお仕置きをする。
もう私もセーラー服おっさん戦士のベテランになってきたので、最近ではお仕置きに物足りないことが多い。
「もっと!もっと!!」

今日の妖魔はどうも、いつもと違う。
お仕置きへの力の入れようがいつもの妖魔と違い、痛みの中に懐かしさが感じられる。
この罵声、この感触。。。

「お、おまえ、もしかして!」
ハッとして、私は声をあげた。

「やっと、気付いたの?」
妖魔は、マスクをはずした。
逃げていった、私の妻だった。
「私、あなたにもう一度会わなきゃって思って、でもどうやって戻ったらいいかわからなくって、
 で、妖魔になってお仕置きに来たら会えるって気付いて、それで。。。」

「お、おまえ、そんなバカなこと。。。
 そんなことどうでもいい、お仕置きしてくれ!」

その日のお仕置きは、夜を徹して行われた。
さすがの私も、何度か昇天しかけた。

朝日が昇る頃、私の妻である妖魔は満足そうな顔をあげて恥ずかしそうにこう言った。

「私、赤ちゃんができたみたい。それじゃ、先に帰ってるからね。」

「お、おまえ。。。」


それゆけセーラーメタボリック
頑張れセーラーメタボリック
ぼくらのセーラーメタボリック
春先にはセーラーメタボリック二世が誕生だ
バイトを増やさないと生活がきついぞセーラーメタボリック

mixiチェック
  1. 2011/09/10(土) 01:06:38|
  2. ハジメの日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

rodeo rodrigo

Author:rodeo rodrigo

ライブ予定

9月30日(土)
神戸HelluvaLounge

twitter

リンク

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

フリーエリア

最近のトラックバック