真・ホドリゴ日記

新作「はした女」発売中!!

お父さんは女子高生

「お父さん、女子高生になろうと思うんだ。」

それは、突然の出来事だった。
いつも会話なんてほとんどない我が家だが、この時はよりいっそう家の中が静まり返った。


お父さんは、いわゆる一流企業の部長である。
仕事はできるらしいが、頭は禿げ上がって、お腹は出て、なんだか冴えないおじさんといった感じだ。
酒は飲まない。煙草も吸わない。ギャンブルも女遊びもしないが、他に何か趣味があるということもない。

とにかく気が弱くて、私はお父さんに叱られた覚えがない。
私が万引きで補導された時も、
「欲しい物があるなら、、言ってくれたら、よかったのに。」
と、娘に注意することさえ出来なかった。

お母さんはなんでこの人と結婚したのか疑問だったが、どうもお見合い結婚らしい。


「ここに、コツコツ買い集めてきた自社株がある。
 これを売れば、お金に困ることはないと思う。
 実は、今日、会社を辞めてきた。
 入学する高校ももう決めてある。

 何より、お父さん、女子高生になるのが小さい頃からの夢だったんだ!」

お父さんは、その後も色々と語った。
初めておニャン子クラブを見た時のこと、いつか女子高生になろうと誓った日のこと、AKB48はなんか違うということ。
私は、お父さんがこんなに長く喋るのを見たことがなかった。

「そこまで、言うんだったら。。。」
お母さんは、承諾したというより、諦めたといった感じだ。
元より、お父さんにあまり期待などしていなかったのかもしれない。
お母さんも、少なくない額のへそくりを老後のために残していることを私は知っている。

「おまえは、どう思う?」
お父さんは、私にも聞いてきた。
私の答えは決まっていた。
ペットを飼う時、引越しをする時、車を買い換える時、いつも言ってきたあのセリフを今日も言うだけだ。

「勝手にすれば」


こうして、お父さんは、晴れて女子高生になった。
入学したのは、私が去年まで通っていた女子高だった。
ここから先は、私が後輩から聞いたお父さんの女子高での奮闘記である。

[お父さんは女子高生]の続きを読む mixiチェック
  1. 2010/09/14(火) 23:45:45|
  2. ハジメの日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

rodeo rodrigo

Author:rodeo rodrigo

ライブ予定

9月30日(土)
神戸HelluvaLounge

twitter

リンク

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

フリーエリア

最近のトラックバック